神奈川にある医学部専門の予備校に通って受験勉強をしていた

神奈川県から京都の医学部へ

私は高校を卒業するまで神奈川県にある実家に住んでいたのですが、高校を卒業した後京都にある大学に通うために引っ越して大学の近くのアパートで一人暮らしをしていました。
そして卒業後は大学病院で医師として働き始めたのですが、最初の頃は色々と大変なこともありました。
しかし私は立派な医師になりたいと思い一生懸命仕事をして、その甲斐あって今は独立開業して患者さんを診ています。
私が医師を目指すきっかけになったのは、私の叔父が内科医で患者さんのために一生懸命働いている姿を見ていたからでした。
私も叔父のようになりたいと思い小学生の頃から一生懸命勉強していたのですが、なかなか成績が上がらずに本当に苦労しました。
それは高校に入ってからも同じでどうしても成績が上がらないために一時は医師になるのを諦めかけたのですが、ここで夢を諦めたら絶対に後悔すると思い歯を食いしばって頑張っていました。
ただそれでも思うように成績が伸びなかったこともあって学校の先生からは医学部には入れないと言われたのですが、そんなに簡単に言われて逆に腹が立ち何としても先生を見返してやろうと思いました。
そのためにももっと勉強しなければならないと思ったのですが、独学で受験勉強をするのは無理があると考えて予備校に通うことにしました。

神奈川県から京都の医学部へ | 医学部専門の予備校に1年半の間通って一生懸命勉強しました